■どこのサイトを選べばいいのか

出会い系サイトを使って出会いを探すときにまず一番最初に悩むのがどこのサイトに登録するかです。

メディアの広告だったり、ティッシュ広告だったり、口コミだったりいろいろな評価基準がありますが、結局どこのサイトが一番出会いやすいのかわからないですよね。

そこで、そんな出会い系サイトに迷っている人のために、本当に優良なサイトの選び方を細かくコツなどを解説しているので、これから使おうと思っている人は参考にしてみてください。

以下の解説を読めば、優良サイトに登録して自分にぴったりの相手と出会えると思います。

●優良サイトの選び方

出会い系サイトには選び方がありますが、選び方を覚えておかないと詐欺サイトのようなところへ登録してしまいがちです。

出会い系サイトは一概にサービスがいいところに登録すればいいというものではありません。

出会い系サイトにはちょっとコツを覚えればすぐに出会うことができる本当に優良なサイトと、何をしても全く出会えないサイトの二つに分けられます。

一つ目のサイトは確実に出会える優良サイトというもので、ポイント制の都度払いのサイトになっています。

後者は完全に詐欺サイトで、女性は全くおらず、男性をだますためだけに作られたサイトです。

こういった悪質サイトには一般の女の子は登録しているはずもなく、サクラばかりで、他のサイトに誘導したり、広告メールを流したりして稼いでいます。

もし本当に異性と出会いたいと切実に願っているのであれば、後者のような女の子がいない悪質サイトに登録しないように注意しなければいけません。

そのために出会い系サイトの真贋を見極める目を身につけなければいけません。

●知名度が高いサイトに登録する

会員数や知名度の多さは出会い系サイトを選ぶときに一番重要なポイントです。

知名度が高くて会員数が多いサイトであれば、貴重な女性登録者数もその分多いと言うことなので、出会いやすいサイトといえるでしょう。

男性にとって出会い系サイトの知名度が高いということは、女の子が多いと言うことと同義で、出会いやすいことともつながってきます。

ちなみに、どれくらいの会員数を基準にすればいいのかというと、累計の登録者数が300万人以上の出会い系サイトに登録すれば出会いやすさはトップクラスだと思います。

数百万人以上という会員数はこれまでの累計登録者なので、常にこの人数がサイトを使っているわけではありませんが、それでも一日当たりの利用者数は数千人を超えているでしょう。

それから知名度や会員数の他に優良サイトを見極める方法として運営実績もチェックしましょう。

運営実績の基準としては10年以上もあれば、これだけの数の出会い系サイトが出現しては消えていく中で、圧倒的な実績といえるでしょう。

運営実績がある老舗の出会い系サイトは24時間のサポート耐性が完備されているので、安心して利用できるサイトが多いです。

長い運営実績があると言うことは、ちゃんと意味があるということですね。

●特定商取引方が書いてあるかどうか

何らかの商売をインターネット上で行うときは特商法の記述が法律で定められています。

出会い系サイトというものも、簡潔にいうならば異性を紹介する商売と言うことになりますから、ちゃんと届け出をださなければ運営することができません。

逆に言うと、これらの義務を果たしていないサイトは違法サイトであるといえるでしょう。

インターネットで何らかの契約を結ぶときはトラブルが生じやすいので、事業者は消費者に特商法に基づきサービス内容を詳しく解説しなければなりません。

特商法に照らし合わせて考えてみると、ワンクリック詐欺というのは、消費者に対してサービス内容を提示せずに契約しているから無効ということになるのです。

金銭が発生することを別のページで表示しても、わかりやすく消費者に見せる必要があるので、契約無効になります。

会社情報についてもいろいろな項目を記載する必要がありますが、住所や電話番号はもちろん、いろいろなことを書かなければなりません。

住所は建物名などもきちんと記載しなければなりません。ですが、悪質サイトの場合はそもそも会社概要がないことが多いでしょう。

そもそもページが存在しないか、存在していたとしても、バーチャルオフィスだったりすることが多いのです。

悪質サイトの住所をネットで調べてみても、会社があるような場所ではないということが往々にしてあります。

悪質サイトはそもそも特商法などの記述がないので、そういうさいとには登録しないようにしましょう。

もちろん大手の老舗サイトは優良サイトなので、安心して利用してください。

●利用規約が書いてある

利用規約が書いてあるかどうかと言うのは健全な会社かどうかを判断する上でとても大切な要素です。

ですので、利用規約の表示がなかったりする出会い系サイトは悪質サイトの可能性があるので、登録や利用は控えましょう。

出会い系サイトにかかわらず、多くの人がこういったサービスの利用規約をよく読まずに登録しがちです。

多くの人が利用規約なんて読まないことを知っているので、悪質サイトはこれをうまく利用して利用規約に高額な料金がかかることを書いています。

そして、利用規約に書いてあるからこれだけの料金を払えというように法外な料金を請求してきます。

悪質サイトなどのトラブルに巻き込まれないように利用規約は必ず確認するようにしましょう。

●男性が有料のサイト

インターネットの黎明期であれば、無料サイトでも興味本位で善意で運営されていたサイトがたくさんあったのですが、最近はお金にならないので、悪質サイトばかりになってしまいスパムメールや有料サイトへの誘導で稼ぐようになってしまいました。

無料で使えるサイトは魅力的ですが、そもそも女の子が使っていないので出会いようがありません。出会えないどころか、スパムメールやワンクリック詐欺などがあるので、登録してもデメリットしかありません。

有料サイトの場合はお金がかかりますが、個人情報が守られてサポートも充実しているので、安心して使い続けることができます。

有料サイトでかかる費用は、女の子と確実に出会えるので、安いものだと思います。

ですが、あまり高い金額のところはいいサイトではなく、むしろ悪質サイトといえるので利用をしないように注意しましょう。

例えば、有料の老舗のサイトだと、メール送信にかかる費用は50円くらいです。高くても80円くらいです。

悪質サイトと呼ばれるようなサイトでメールを送ろうとすると一通当たり200円以上もかかってしまうのです。

そしてそういった高額請求をしてくるサイトというのはサクラばかりがいるので、出会えません。

そのようなサイトに登録しないためにも先払いで、ポイント制のサイトを使った方がおすすめです。

ちなみに料金体系について、ポイント制か月額制のどちらの出会い系サイトがお得に使えるのか迷っている人はいるのではないでしょうか。

ポイント制のサイトはサイトの使い方のテクニックを心得ているベテランの人、月額制のサイトは初心者の人や婚活目的の人におすすめです。

ポイント制のサイトはポイントの分だけしか使えないので、出費をおさえたいひとはポイント制のサイトはおすすめです。

ですが、初心者の人がつかうと、いろいろなところを閲覧してしまってポイントを無駄に消費してしまいがちです。

定額制のサイトはメリットばかりかというとそうではありません。定額で使いたい放題ですが、会員数が少なかったりというデメリットもあります。

なので、自分の理想の出会いを見つけるまでに時間がかかりやすいというデメリットもあります。

月額制もポイント制もどちらにもメリットデメリットがありますから、両方使ってみてどっちが使いやすいか試してみましょう。

●姉妹サイトがない

これは無料サイトがよくやっているテクニックですが、一つのサイトに登録したときに別のサイトに同時に何個も登録させる手法です。

そして、そのサイトではなく、別に同時登録されているサイトから一日数十件単位でメールが送られてきます。

もちろん、その女性からのメールはすべてサクラなので返信しても意味がありません。

同時登録というのは悪質サイトしかやっていないので、同時登録をしているサイトがあったら利用するのをやめておきましょう。

この同時登録という悪質な手法は、昔は一時的にはやりましたが、今でもやっているサイトがあるので、登録する際は注意しておきましょう。

●年齢確認をしている

出会い系サイトの法律により、出会い系サイトを使う人は必ず成人している必要があります。

なので、登録時に年齢認証をしなければならないサイトは法律をまもっている優良サイトといえるでしょう。逆に年齢確認をしていないサイトは不法サイトなので注意しましょう。

ちなみに出会い系サイトが法律を守っている守っていないにかかわらず、18歳未満との性的行為は法律違反ですので注意しましょう。

●比較サイトから選ぶ

もちろん、比較サイトから選んでもある程度本当に優良サイトを選ぶことができます。

なので、もし自分で出会い系サイトを比較したり選んだりするのが面倒だったら、当サイトのランキングを駆使して本当に優良なサイトに登録してください。

ちなみに、無料で確実に出会えるサイトというのは存在しないので、数千円くらいの負担をして優良サイトを選びましょう。